Android2.0採用の高性能スマートフォン「Droid」登場

TITLE
Tweet about this on TwitterShare on Google+0Buffer this pageShare on Facebook0

Googleのモバイルデバイス向けOS「Android」の最新バージョン「Android2.0」を採用したスマートフォン「Droid」が発表されました。
米国では11月6日に発売開始で$199です。日本ではDocomoがAndroid1.0を搭載してるHTC社製のHT-03Aを販売していますが、中身のOSは圧倒的に違います。

・3.7インチのフルワイドVGA(480×854)
・タッチパネルやデュアルLEDフラッシュ対応の500万画素オートフォーカスカメラ
・16GBメモリ
・GPS
・無線LAN(IEEE802.11 b/g)
・Bluetooth2.1+EDR
・3軸モーションセンサー
・Flash Player10に対応
・720×480のH.264動画の撮影

とウヒョー!な機能になっています。

Droid全面
droid01

Droid物理キーボード搭載
DROID-side
QWERTYキーボードを搭載しているので、タッチパネルが苦手な方は便利かもしれません。

縦使用時
DROID-front

オンラインアプリケーションストア「Android Market」にも対応しており、
最近、日本からも有料のアプリケーションを登録することが出来るようになりました。
iPhoneバブルの頃は、世界各国から様々なアプリケーションが登場し、活気がありましたが、
最近はあまりの数の多さに競争率が倍増!
Appleの変な審査基準も相まって「Android Market」に注目が集まっているようです。
日本での発売はあるのかな?使っている電話が大分古いので、そろそろ買い換えたいな。

Googleのブラウザ「Chrome」がWebkitを使っているので、
Droid搭載ブラウザもHTML5やCSS3に対応していると思われます。
iPhone、Droidと次世代規格に対応することで、Web業界も活気づくと良いなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。