Safari5の拡張機能を使ってみる

TITLE
Tweet about this on TwitterShare on Google+0Buffer this pageShare on Facebook0

iPadやiPhone4の大々的なニュースの影に隠れてあまり触れられていませんが、
ついにSafari5がリリースされました!
HTML5にフル対応です。

Javascriptの実行速度がChromeやFirefoxを上回るスピードが強調されており、
その他「Safari Reder」「検索可能なアドレスフィールド」「新しいタブシステム」などあります。
しかし、なんと言っても「拡張機能」の搭載が新しい。

先行してFirefox、その次にChromeなどに搭載され、様々な便利なアドオンが開発されてきました。
その便利さに他のブラウザには乗り換えないとまで言われていたので、
これからのブラウザのシェアに大きく影響しそうですね。

さて、Safariの機能拡張の設定ですが、デフォルトではオンになっていません。
下記の通りで有効にし、インストールしていきます。


1.まずSafariのメニューバーの「開発」>「拡張機能を有効にする」にチェックを入れます。


今回はGmailCheckerのインストールをしてみますので、
victor andréeから拡張機能をダウンロードします。


ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールされますので、環境設定の拡張機能項目から確認出来ます。


インストール前のツールバー


インストール後のツールバー。メールのアイコンが追加されています。

Safari派は是非アップデートしてインストールしてみた下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。